スーツの男性

自社で賄うことが増える

オペレーター

外部への委託です

契約書の翻訳について現在の取り組みやトレンドとして、翻訳を専門とする事業者に委託することが多いです。 その理由として、契約書の翻訳は専門性が高い読解力が求められ、対応する言語も英語を中心にアラビア語や中国語といった様々な言語の需要も増えているので、自社で賄うには限界があるためです。また、専門事業者は多くがアラビア語や英語などを母国語として使用する外国人の在籍も多いので現地の特殊な表現にも対応でき、場合によっては国内だけでなく、海外にも事業所を開設しているのでサポートが充実しています。 そして、契約書の翻訳だけでなく契約を交わす時の通訳としても業務を担うことこともあるので、トータルで対応してくれる利便性が高いとして活用されています。

自社で賄うことが増えます

契約書の翻訳に関して今後の動向として、自社にて契約書などの翻訳を専門とする部署の設置が増えることが予測されます。 これまでは専門業者への委託が多かったのですが、レスポンスに時間が掛かることや高い費用、情報流出の恐れなどの問題から自社で契約書の翻訳を行うケースが多くなっています。さらに契約書の翻訳の専門部署だけでなく、現地でのビジネス活動が円滑に行えるように現地のスタッフや外国人の人材を獲得することが多くなっています。わざわざ翻訳しなくても現地のスタッフがいれば理解することができ、翻訳する時間を短縮できればレスポンスも向上できるとして注目されており、今後もこの傾向はより多くなることが予想されます。

Copyright© 2016 加速するグローバル化の波を乗りこなす|翻訳のサービスを利用して業務向上効果アップ All Rights Reserved.